FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

行き当たりばったり 道中日記

  // 

信長の野望に登場する戦国武将・剣豪・その他徒然の、ゆるい風味の紹介動画を作成しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

小山で乱世を生き抜いた・結城晴朝 

結城晴朝(1534~1614)
下野の武将・小山高朝の三男として生まれる。幼名・七郎。小山晴朝。
弘治二年(1556)、前の年に小田氏治が結城領内にちょっかいをかけてきた仕返しの出陣に参加している。(海老島の戦)
父の兄である結城政勝には嫡子・明朝がいたが急死し、弟・高朝の三男である晴朝は養子に迎えられた。
永禄二年(1559)、養父が没すると結城家の家督を継ぐ。
養父の死の翌年、養父健在のころから結城家から領地奪還を狙っていた小田家が、佐竹や宇都宮と組んで大軍で攻めてくる。が、晴朝は結城城に籠城し、落城しかけるもののどうにか和議に持ち込んだ。
この年、長尾景虎が関東管領・上杉憲政を伴って関東にやってくると、晴朝はその遠征の輪には加わらず、古河公方・足利義氏と共に後北条氏と手を結ぶ。
しかし、長尾景虎が関東管領に就任すると掌を反して反北条方に転じる。そして、父の小山高朝が死去すると兄の小山秀綱が後北条氏に降伏し、さらに結城家の家督を望んで晴朝と対立する。
晴朝には嫡子がなく、宇都宮広綱から養子・朝勝を貰い受け、宇都宮氏と、さらに朝勝の母の兄である佐竹義重とも結び、兄・秀綱に対抗した。
その後、上杉謙信の死後、結城氏は後北条氏の脅威にさらされるが、宇都宮氏・佐竹氏・那須氏などと連合し、天正五年(1577)には北条氏政、氏照親子の軍勢を撃退することに成功している。
天正十二年(1584)、佐竹義重が北条氏直と戦ったときは、佐竹方として参加した。
天正十八年(1590)に豊臣秀吉が小田原城を攻めた時には秀吉に従い、小山城を攻略するなど功を挙げ本領を安堵されている。
この後、秀吉に臣従した晴朝は秀吉との結びつきを強くするために、水谷勝俊を仲介に養子縁組を秀吉に申し出て、秀吉が家康から養子に貰い受けていた秀康を結城家に迎え入れる。この時、宇都宮氏からの養子・朝勝は廃嫡され、秀康が嫡子となり、晴朝は隠居し、家督は秀康が継いだ。
慶長五年(1600)の関ヶ原の戦いでは、秀康は上杉・佐竹への押さえとして宇都宮に留まり、戦後越前六十七万石に転封となる。慶長九年(1604)に秀康が松平姓に服すると、晴朝は養嗣子として養育していた秀康の五男・直基を結城家の跡取りとして結城家を継がせた。
慶長十九年(1614)に中久喜城で死去。享年81歳。

※毎度の蛇足コーナーです。

秀綱「というわけで、関東の小悪党こと晴朝殿においでいただきました」
業正「うむ」
晴朝「いきなりひどい紹介だなぁ」
秀綱「だって、いろいろ黒い部分があるようですし」
晴朝「そんなことありませんよ、俺は結城家を守るために行動していただけで」
業正「明朝殿は、疱瘡にかかりたった一日で病死だそうだな?それでおぬしが結城家の跡取りに選ばれた…」
晴朝「ははっ、俺が結城家の家督欲しさに、叔父上のご嫡男をどうにかした、とでも?」
業正「ふっふ、なぁに、わしの単なる空想さ」
晴朝「嫌な空想ですなぁ…まったく」
秀綱「朝勝殿を廃嫡して、秀康殿を跡継ぎにしたりもしていますね、これもマイナスイメージでしょうな」
晴朝「またまた、家を継がせるのは、家を存続してくれる力のある者に決まってるじゃないですか」
業正「つまり、朝勝殿では足りなかったというわけか」
秀綱「理由は、わかる気がしますね」
晴朝「そうです。家柄・血筋・能力、どれを取っても秀康殿は朝勝殿より上だったわけです、朝勝殿には申し訳ないが…」
業正「選べるものなら、より生き残れる血を残すというのは乱世では当然、だな」
晴朝「その通り、己が陰でどう言われようと、結城家が存続されればそれでよかったんですよ…それに」
秀綱「ちょい悪のほうがかっこいいですからね~」
晴朝「剣聖殿!人の台詞の先回りまでなさらないでいただきたい、です」
秀綱「おや、当たってましたか」

秀綱「それで、晴朝殿も小田さんの被害者なんですね」
晴朝「困りますよ~あの御仁、こっちの弱い時を狙って嫌がらせみたいな攻め方をしてこられて」
業正「確かに、うっとうしいな」
晴朝「まぁ、戦が不得手で助かりますが…あれで戦上手だったら脅威だったかも、しれないですね」
秀綱「関東の強豪・小田家!もあり得たと」
業正「ある意味、印象に残る強豪ではあったようだがな」
晴朝「まったくです、あんだけ叩いて、死なないのが近隣の諸侯も関東七不思議だって」
秀綱「関東七不思議…」
晴朝「あ、長野殿も入ってますよ、怪異!!美人の娘が12人!?妖怪ジジイの絶倫パワー!って」
業正「…今考えただろう」
晴朝「わかります?さすがは上州の色男」
業正「ふっ、まぁな」
秀綱(そこは否定しないんですね)

業正「さて、ここからが本題だ」
秀綱「そうですね」
晴朝「な、なんですか、改まって」
業正「とぼけるな、いいから話せ」
晴朝「な、何を?」
業正「お主の家には、源頼朝公から先祖が受け取った莫大な金子の話があるはずだろうが!」
晴朝「だーっ!あんたまでそれを言いますか!?どいつもこいつも、人の顔見りゃその話題ばっかり!!」
秀綱「ふふ、夢のあるお話ですねぇ」
業正「お主、秀康殿を養子に迎える際にどこぞに隠したそうではないか」
晴朝「だーかーらー、そんなモン知りませんからね?」
秀綱「あ…もしかして、小田さんも財宝目当てだったんですかね」
晴朝「あの人単純ですから、どこかでその与太話聞いて…」
業正「ありえなくもない、か?」
晴朝「いや、さすがに小田家は名家だし…そんなせこい真似は」
秀綱「まさか、ねぇ」

おわり

結城晴朝さんでした。
関東の諸将はみなそうですが、北条か上杉か?のはざまで揺れていますね。この晴朝さんもそうですが。
ちなみに、結城埋蔵金伝説ですが、それによると…秀康が晴朝の養子になったのは、結城家の黄金を我が物にせんとたくらむ徳川家康の陰謀で、無理やり送り込まれたもので、家康に財宝を渡してたまるか!と思った晴朝さんは、家臣に命じて財宝をどこかに隠してしまいました。しかし家康はあきらめず、関ヶ原の戦いでの功を理由に越前へ結城氏を移封、邪魔者を追い払って埋蔵金を掘り出そうと画策した…だそうで。
結局、家康が掘っても吉宗が掘っても、埋蔵金一銭も見つからなかったけどな!
はてさて、真相はいかに?
スポンサーサイト
関東戦国伝  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikiataribattaridocyu.blog33.fc2.com/tb.php/629-ccc34a4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。