FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

行き当たりばったり 道中日記

  // 

信長の野望に登場する戦国武将・剣豪・その他徒然の、ゆるい風味の紹介動画を作成しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

里見義堯・安房の強豪 

※略歴の書き方が偏ってますが、ご容赦ください。

里見義堯(1507~1574)
安房の里見氏、里見実堯の子。(生年には1512年という説もある)
天文二年(1533)、父の実堯が甥であり、里美家当主の義豊に殺害されると言う事件が起こる。(天文の内訌)
義堯は父の仇を討つ為、敵対していた北条氏綱と手を結び、重臣の正木時茂らと共に挙兵し、義豊を討ち果たした。(犬懸の戦い)そして、里見家の家督は義堯の物となる。
一般的に、この一連の内部騒動は、義豊が無実の罪を実堯に着せて討ち、義堯がその仇を討ったと言われている、が・・・。
北条氏と手を組む形となった義堯だが、小弓公方・足利義明の後楯である真里谷武田家当主・信清が亡くなり、家督争いが始まると氏綱と義堯の関係にも亀裂が生じ始める。
義堯は真里谷信応(のぶまさ)を支持、氏綱は信隆を支持し対立。義堯は小弓公方を味方につけて信隆を攻めてこれを下した。
しかし、天文七年(1538)に小弓公方は打倒古河公方を目指して国府台へ軍を進発する(第一次国府台合戦)。義堯もそこに参加していたが、小弓公方は戦死し、やむなく義堯は戦線を離脱した。ここに、小弓公方は滅亡した。
小弓公方亡き後、義堯は下総・上総をまとめるために奔走し、久留里城を本拠に定めて里見家の全盛期を築いた。
北条家は氏綱から氏康の代になり、天文二十一年(1552)、氏康の策動によって里美傘下の国人の大量離反が起こる。さらに天文二十四年(1554)には、今川義元・北条氏康・武田信玄の三国同盟が締結され、西に脅威が無くなった北条は里見の領土を徐々に奪って行き翌年の弘治元年には上総西部の大部分を北条の領土にされていた。
義堯は離反した国人を鎮圧しながら領土の奪還を計り、越後の上杉謙信、太田・佐竹・宇都宮とも連絡を取って北条家に対抗する姿勢を崩さなかった。
その後の戦いでは、里見水軍を使い北条に大勝したり(三崎三浦の戦い)、上杉謙信と連携して大勝したりしている。
永禄五年(1562)に剃髪して入道となり、家督を息子・義弘に譲るも実権は握ったままだった。
永禄七年(1564)、北条家に仕える太田康資の内応を受けて、義堯親子は北条方の千葉氏が治める国府台に侵攻。一時は勝利するも、その余韻に浸って油断していたところを氏康に奇襲されて大敗を喫する(第二次国府台合戦)。
だが、徐々に力を盛り返し、永禄九年(1566)にはほぼ失地を回復している。
永禄十年(1567)の三船山合戦では、太田氏資を戦死させるも北条軍に勝利している。
その後も義堯はあくまでも北条に徹底抗戦し、天正二年(1574)に68歳で生涯を閉じた。

※gdgd会話パートです。

秀綱「これは、遠方よりよくぞお越しくださいました」
義堯「やや、剣聖殿直々のお出迎えとは・・・恐縮です」
秀綱「いえいえ、さ、どうぞこちらへ」
義堯「ああ、すみません・・・で、ご当主殿はどちらへ?」
秀綱「ちょっと席を外していますが、そのうちいらっしゃいますから、先に話を始めていましょう」
義堯「いいんですかね、それで」
秀綱「義堯殿が参られるのに、色々と心の準備があるそうでして」
義堯「はぁ・・・そうですか、それでは(うへぇ、心の準備は美人のおねえさんだけにして欲しいもんだ)」
秀綱「で、経歴を拝見しましたけど、色々といじくってありますよね?」
義堯「おっ、さすがは剣聖殿、お目が高い!気付かれましたか!」
秀綱「(やはり、このくらいの打ち込みでは動じませんか・・・)お父上は、理由も無く義豊殿に討たれたわけではなかったはずでは?」
義堯「ですねぇ、我々親子は元々、真里谷恕鑑(信清)殿や北条氏綱殿に密かに協力していまして、それが義豊殿には面白くなかったようで」
秀綱「敵対していますから、それはそうでしょうね」
義堯「で、敵対勢力と結んでいたことが露見して父上は殺された・・・うかうかしていては息子であるこっちの首も危ないのでね。氏綱殿のご助力を得て、ご当主殿には早めの退場を願いました、というわけです」
秀綱「しかし、よく氏綱殿も協力してくださいましたねぇ」
義堯「ま、向こうさんもこれを取っ掛かりに安房への影響力を強めたかったんでしょうね、我らも恕鑑殿を支持したのは、その後ろの小弓公方の威を借りて上総・下総へ版図を広げたい思惑でしたし」
秀綱「一時的な利害の一致ですか・・・長持ちしないはずですね」
義堯「そりゃそうです。笑顔であいさつする裏で寝首掻こうとしてるのお互いに見え見えでしたから」
秀綱「そこへ、恕鑑殿の死ですか、調度良く」
義堯「ええ。小弓公方の力を削ぎたい北条と、借りたいこちら。対立必至でしょう?おかげさまで、うまいこと手が切れましたよ」
秀綱「あっさりとおっしゃいますね・・・その調子で、国府台合戦にて小弓公方様をお見捨てになられたと」
義堯「あれは・・・義明殿が脳筋すぎってか、息子が討ち死にして戦況が劣勢になっているのもわからずに、怒りに任せて北条に突撃して勝手に息子の後を追われてしまったから、俺のせいじゃないですよ?」
秀綱「なるほど、外聞よりも里見の兵士の損耗を惜しんだのですね」
義堯「そういうことです。馬鹿に付き合ってうちの大切な兵たちを死なせては、一時の名声は稼げても勝って勢いのついた北条を止めることが出来ない恐れがある、それでは困るんでね」
秀綱「ふふ、お優しい安房の梟雄殿ですね」
義堯「・・・褒められてます?それ」
秀綱「褒めておりますよ・・・ところで、結局北条と対立するおつもりなのに、義豊殿を討ったのは・・・?」
義堯「あのお人では、里見家を大きくできない、と踏んだからですよ。ぶっちゃけ俺が宗家に成り代わりたかっただけなんですがね。俺のほうが里見家をうまく使えるんだ!と」
秀綱「その言葉にたがわず、全盛期の里見家を作り上げたわけですから、たいしたものですね」
義堯「まー、そうなんですけどねぇ、その呼ばれ方だと、俺の死をきっかけに明らかに里見家弱体化してるのが丸分かりで嫌だなー」
秀綱「どこも、勢力を持続させるのは難しいってことですね」
義堯「悲しいけど、これって戦国なんですよねー」
秀綱「そうですね・・・里見家は特に、後世では『里見』と聞いたら八つの珠を持った武士の伝奇小説と、ゲーム史上例の無い自称おすすめRPGとか、そっちが先に思い起こされる名前ですしねぇ」
義堯「ちょ、そこでそんなひどいメタネタっすか」
秀綱「とっておきのネタは最後に出そうと思いまして」
義堯「むむむ・・・きたない、さすが剣聖きたない」
秀綱「ま、関東管領の地位狙い宣言されている義堯殿は、最後まで関東管領に忠義を尽くした我が長野家にとって不届きな敵ですし」
義堯「副将軍は、そういう意味で言ったんじゃないデスヨ?それに、今更長野家が忠臣とか」
秀綱「何か問題でも?」
義堯「(笑顔の脅迫、この人のはマジで怖い)・・・・・・ありません、すいません」
秀綱「そろそろ、業正様もいらっしゃいますから、もう少しお待ちくださいね」
義堯「はい、おとなしくお待ちします(早く来いじじい!間が持たねぇ!)」

つづく

超有名な滝沢馬琴の伝奇小説「南総里見八犬伝」に「里見家」が出てくるわけですが、創作の方が有名になってしまって、「あの八犬伝の里見のモデル」の里見という呼ばれ方もしてしまう、安房の戦国武将・里見義堯さんです。なかなかに、喰えない人です。色々としたたかなんですが、地元の人々からは善政をしいた名君として慕われていたんだそうです。
水軍が強い・事前に見てた歴史創作動画の影響・などから、上記の絵のような格好になってます。もはや衣装が無茶苦茶ですが、今に始まったことでは・・・

ちなみに、ゲーム史上まれに見る自称おすすめRPG・・・里見の謎なんてクソゲーがありました。でも里見は全く関係ありません。タイトルなのに。興味のある方はソフト名で検索すればすぐ出てきます。

さて、次回は全く持ってどうしようもない馬鹿話の予定です。また長野爺さんが壊れます。
スポンサーサイト
関東戦国伝  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikiataribattaridocyu.blog33.fc2.com/tb.php/605-1c82beeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。