FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

行き当たりばったり 道中日記

  // 

信長の野望に登場する戦国武将・剣豪・その他徒然の、ゆるい風味の紹介動画を作成しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

長野業正と上杉憲政・1 

※・・・というわけで、今回もすっ飛ばし会話パートです。

高幹「隠れツンデレジジイか。可愛いもんじゃのぉ」
業正「黙れ、出たがり老人」
高幹「(こいつ・・・あとで〆る)・・・あのボンクラ殿のこと、見捨てたもんだと思っておったが」
業正「おい、あの方の悪い話は北条の撒いた嘘も混じっているのだぞ?軽々しく罵倒しないで貰おう」
高幹「仕方が無かろう?実際はどうあれ、河越でも笛吹峠でも手酷く負けているのが周囲に知れている以上、その嘘も完全には否定もできまい」
業正「ああ、お前さんの言うとおりだな・・・まったく無様な話よ、ふ・・・ふふ」
高幹「・・・お主」
業正「ふははは、まったく笑いたいほど無様よ、ボンクラ殿の手綱一つ満足に握れなんだ“戦上手”などなぁ?」
高幹「・・・」
業正「良い将なら、主人の短所をわきまえ、よく動かしたであろう。わしには何一つ出来なかった。出来ていれば、河越であのような大敗はさせなんだものを・・・笠原の救援など行かせず、武田に上州を攻める口実など作らせなんだものを・・・くくっ、お笑い種よ、全てくだらん負け惜しみよ」
高幹「ああ、くだらんな・・・実に、くだらん戯言じゃ」
業正「ふ、はっきり言いおる」
高幹「年寄りの愚痴ほどくだらんものはないわい・・・過ぎ去ったことを振り返るばかりでの」
業正「はは、鹿島様は手厳しいですな」
高幹「茶化すな。しかし、ようわかった。何故お主は上杉から離反した後、武田とも北条とも結ばなかったのか」
業正「ほう?」
高幹「なんだかんだで、あの若いのを気にかけていたんだろう?長尾と手を取って上州を守り、いずれ戻ってくる時を期待していたのじゃろう」
業正「勝手に人の気持ちを知ったように語らんでもらおう」
高幹「お、焦ったな?図星じゃろ?」
業正「武田信玄も北条氏康も、個人的に好かんかっただけよ。虎や獅子では相容れぬ・・・わしも一応、黄斑(虎)と呼ばれた同類ゆえ、な」
高幹「ふん、たがいのナワバリは譲れぬと・・・で、越後の龍なら問題ないと言うことか?」
業正「ああそうだ。龍殿のほうが、獣よりは信用できるだろうが」
高幹「ふ~ん」
業正「・・・そういう目はやめろ」
高幹「ま、いいわい。そう言うならそう言う事にしておいてやるわい・・・こやつがツンデレかどうか判断するのは外野の方々じゃからの。本人ではなく
業正「おい、小声で何の話」
高幹「さ~て、この話は仕舞いじゃ、仕舞い」
業正「おい、誰が何だと!?」

おわり

・・・当初の予定よりも、業正さんのキャラクターが違う方向に行ってます(笑)。これもアリですかね?会わなかったらごめんなさい。
100%義理人情で動く人間はいないと思います。長野業正も、忠誠心だけで上州で誰にも従わずに頑張っていたわけではないでしょう。そうした時に、どう思っていたのかな?・・・まぁそんな妄想でした。
爺さんばっかりですみません。まだ当分、この調子です。
スポンサーサイト
関東戦国伝  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikiataribattaridocyu.blog33.fc2.com/tb.php/600-c0687059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。