FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

行き当たりばったり 道中日記

  // 

信長の野望に登場する戦国武将・剣豪・その他徒然の、ゆるい風味の紹介動画を作成しています。

剣豪さ(略)~富田勢源のまき~ 

宗矩「今回は、富田流の中でも盲目の剣豪として有名な富田勢源殿にお越しいただきました」
勢源「どうも、よろしくおねがいしますよ」
忠明「・・・」
宗矩「忠明殿、近づきすぎですよ」
忠明「・・・見えないとか言うが、本当なのか?」
勢源「正確には、すべておぼろげに輪郭がわかるだけかなぁ。目の前に来ているようだが顔の詳細はさっぱりだね」
忠明「いつから見えぬのか?」
勢源「うーん、三十路を過ぎたころから、ぼんやりしてきたね」
宗矩「その頃に、家督を弟の景政殿に譲られたのだとか」
勢源「あれは人もいいし、家もよく守れる。私のほうは、見えなくなって気楽な立場になったよ」
宗矩「家督を譲られて、出家なされて勢源と号されたんですよね」
勢源「うん、そう。主家・朝倉家の知己である朝倉成就坊殿のところに滞在したりしながら、気ままに兵法三昧の日々さ」
忠明「その兵法を、人に伝えることはしなかったのか?」
勢源「乞われれば教えたさ。ぬしの師の自斎も、私の弟子だったじゃないか」
忠明「あ・・・師」
宗矩「まどろっこしいから後で言ってください」
忠明「ぬぅ!」
宗矩「そのように目を患われた状態で、梅津某との試合をされて勝たれたと聞きますが」
勢源「あー、あれは実に迷惑な一件だった」
宗矩「と、言われますと?」
勢源「斉藤義竜殿のところの指南役をやっていたんだよ、あの梅津殿は」
宗矩「ああ・・・それは面倒ですね」
忠明「そうか?」
宗矩「・・・大名の家臣の腕を平気で再起不能にした、忠明殿には理解しづらいですかね」
勢源「ただでさえ、うちは他流試合は基本しないし、おまけに斉藤家がらみの相手は色々と遺恨が残りそうだったし、散々断ったんだけど」
宗矩「だいたい、こちらの都合を無視して挑んでくる相手は性質が悪いですから、あきらめないんですよねぇ」
忠明「・・・なぜ俺を見る」
勢源「個人的に言ってくる分にはいいのだけど・・・そうそう、成就坊殿はこのころ、朝倉家が斉藤家へ異心なしという証拠に美濃へ住んでおられてね・・・義竜殿から成就坊殿へ、私に梅津と試合をするように働きかけてきたんだよ」
宗矩「そうなると、断りきれませんね」
忠明「主君の威を借りて無理な試合とは、底が知れる相手だ」
勢源「いやいや、梅津は私が断ったのを恐れをなしたとあなどり、こともあろうに主君をおろそかにする発言をしてしまって、義竜殿がその言葉に面目を傷つけられたという裏があるらしい」
宗矩「これですね・・・『拙者にかなわぬと思ったか。まぁ、無理も無い。拙者はたとえ主君の義竜様が相手でも、手加減などしないからな』・・・これは、まずいですねぇ」
忠明「前言撤回だ、人としての底も出来ていない奴だな」
勢源「まぁまぁ、世の中いろいろな考えがあるもんだよ。たまたま、運悪く戦うハメになっただけで」
宗矩「そして、見事に勝たれたわけですが・・・」
忠明「その後はどうしたのだ?」
勢源「ん、逃げた」
忠明「あっさりしているな」
宗矩「義竜殿から、望むままの銭と小袖を与えるとの申し出もあったそうですね」
勢源「そう、だから、逃げた」
忠明「受け取ったら面倒だからか」
勢源「せっかくの気楽な隠居暮らしが台無しになるからね」
宗矩「直後は良くても、あとで何をされるかわかりませんしね」
忠明「状況を考えると、義竜殿にはどちらが勝ってもあまり聞こえのいい話しではないか」
宗矩「おお、珍しく的確な分析ですよ。えらいえらい」
忠明「そうだ、俺はやればできるのだぞ」
勢源「名の通った兵法者が近くに居るだけで、こういう面倒があるものだ、が・・・」
宗矩「が?」
勢源「・・・いや、あんたがたはまことに稀有な存在だなぁ、と」
忠明「俺は勝負がしたいのだ、こいつと。だが、こいつが逃げるからいかん」
勢源「その割りに、梅津のように策をろうしてでも戦おうとはしないのだな」
宗矩「いえいえ、そもそも、同じく徳川家に仕える身ですし!」
勢源「ふむ、ま、そういうことにしておこう。では、面白いものも見れたし、そろそろ失礼するよ」
宗矩「えっ、あ、ありがとうございました」

宗矩「・・・飄々とした方でしたね」
忠明「目が見えない割には、不自由さが全く無い、相当の腕前だな」
宗矩「なにか、勘違いされたし」
忠明「お前が俺と勝負をしないからだ」
宗矩「忠明殿がいくつになってもその調子だからじゃないですか」
忠明「なんだと!?」

つづく

「とだ」は「冨田」とも書く場合があります。中条長秀からの流れは、

甲斐豊前守広景→大橋勘解由左衛門高能(広景の弟子)→山崎右京亮昌巖→富田九郎左衛門長家(勢源の祖父)

といったかんじです。山崎家は、次回の富田重政に関連のある家なのでまた御説明いたします。富田家に伝わった中条流は、別に「富田流」とも呼ばれました。勢源の弟子の一人が、鐘捲自斎で、一刀斎の師になった人です。
伝わっている富田勢源の肖像画は、目を白く塗りつぶしてあります。色を入れないのではなく、黒目の部分にわざわざ白い色を塗りこんであるのが印象深いと思います。(本にある白黒のものしか見ていないのですが、それでもわかるほど塗ってあります)
勢源の眼病は不明ですが、見た目の症状からすると白内障なんでしょうか?

拍手をありがとうございます。
遅くなりましたがお返事です。

結崎さま
どうもです!
無事に拙絵をお届けできてよかったです~。
モタモタしてたらお渡しするタイミング逃してしまってもう、オタオタしておりました(汗)
剣豪ネタにも嬉しいお言葉、励まされます!
いつもいつも、自分が楽しいだけのネタなので、他の方にも喜んでいただけると調子に乗ります(笑)
また、リクやら絵ちゃやら、お暇な時は遊んでやってくださいー。
ありがとうございます!!
スポンサーサイト



剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さん(略)~中条流・中条長秀のまき~ 

中条長秀

宗矩「今日は中条流中興の祖、長秀殿にお越しいただきました」
忠明「・・・」
長秀「どうぞよしなに」
忠明「・・・」
宗矩「忠明殿、何難しい顔をしてるんです?」
忠明「中条流は一刀流の源流だから、長秀殿は師匠の師匠の・・・」
宗矩「・・・あんまり考えないほうがいいですよ」
長秀「我が“平法”が後の世まで伝わっているのですね、ありがたいことです」
宗矩「いや、どちらかと言うと凶悪になってるような」
忠明「純粋に剣法としての精度を高めたまでだ」
長秀「技法としての平法を高めていただけるのは本望ですよ。まだ、私のいた頃は技法とすら呼べない、個々の才能に頼ったものでしたから」
宗矩「長秀殿のおられた室町の頃はそうだったのですか」
忠明「剣だけによらず、武芸はまだ体系化されていなかったと」
長秀「ええ。しかし、我が中条家はその頃から独自の剣術を編み出して」
宗矩「そういえば、中条家って足利将軍家で評定衆を務めていたんですよね」
忠明「評定衆とはなんだ?」
宗矩「もともとは、将軍の独裁をふせぐ合議機関なんですけど」
長秀「単なる名誉職ですよ、たいしたことではありません」
忠明「将軍から信頼されていたのだな」
長秀「ありがたいことに、守護職もいただき、私は義満様の指南役も務めていました」
宗矩「それほど重きを置かれた中条流とは、どのようなものなのでしょう?」
長秀「もとから伝わる中条家伝来の技に、友人であり師でもある慈音殿に教えてもらった念流の技を組み合わせて再構成したのです」
忠明「中条流の口伝なら、師匠から教わったことがあるぞ。一刀流の奥義である無想剣もその口伝にあった」
宗矩「平法とは平和の法なり、は神道流の理念ですが。同じく兵法は平らに、戦を好む法ではないという考興味深い一致点ですね」
長秀「私のその考えの根底は、慈音殿の剣とは己を磨く技であるという考えに大きく感銘を受けたことによります。人を殺傷する技ではなく、その技を持って己の身を守り、人と和合する・・・それが真の兵法と思い至りました」
宗矩「やはり、突き詰めていくと兵法とはそういうものですよね!」
忠明「心も技も未熟であれば、いたずらに争いを生むことが多いからな」
長秀「どうも、私が死んだあとの中条家は不幸にして幕府の中で立場を失い、消えていくことになるようですが・・・心ある人々に技と精神を伝えていただいたことは幸せですね」
忠明「良い技はおのずと伝わっていくものだ。中条家の方々の苦心の想いがあってこそだな」
宗矩「長秀殿、今日はどうもありがとうございました」
長秀「あなた方の技も、沢山の人の手を経て伝わった集合体ですから、お互い大切にいたしましょう」

宗矩「いや・・・充実したお話でしたね」
忠明「・・・柳生」
宗矩「なんです?」
忠明「それで、あの方は俺の師匠の師匠の師匠の・・・どのくらい前の」
宗矩「・・・・・・すごい前の大師匠様とかでいいんじゃないですか」

つづく

中条長秀さんです。慈音との友人設定は個人的な想像です。長秀は1384年没で生年は不明。慈音は1351年生まれで没年が不明。お互いの生没年を合わせてみると、長秀が慈音の弟子であったというのはかなり晩年のことになりますね・・・まぁ、慈音は18歳で剣の秘奥を会得したそうなので、それを踏まえれば無いことも無さそうですけれども。
歳の差があっても、友達だったらいいなーという妄想です。
中条流は念流の派生ということになりますが、今回は独立して扱いました。
次回も引き続き中条流系統の方でお送りします。

拍手ありがとうございます!
お返事は次回させていただきますので。
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さん(略)~小幡先生の注釈コーナー 

Rakugaki508.jpg

どうも!小幡景憲です!

・・・お忘れですか?甲州流軍学の祖・小幡勘兵衛景憲ですよ。
信長の野望グラだからわかりづらいかもしれませんけれど。

ノブヤボでは知略は高いですよ!(76/100)しかし、知略が4って・・・おかしいなぁ?
師匠・小野忠明殿とコンビで出せば、いい仕事を致しますよ!

さて、今日は私が「中条流」について事前に解説いたしますので、御参考になさってください。

「中条流」は、検索かけると中絶手術に使った危ない昔の薬や、桃山時代の産婦人科医の流派が出てきますので、混同に御注意を。
と、似た言葉の注意はこのくらいにいたしまして、中条流の御説明をば。

創始は、中条氏です。まんまですねー。
もともと、中条家の家伝の兵法があり、中条頼平どのより四代目・長秀殿が念流の技を取り入れて改めて「中条流」を興されたのです。
そして、中条家がいろいろあって道統を伝えられなくなって、その後技は富田家に伝わり、我が一刀流へとつながるのです。
簡単に表にすると以下の様になります。

中条流(中条長秀)→ 富田流(富田長家)→ 鐘捲流(鐘捲自斎)→ 一刀流(伊東一刀斎)

詳しい内容は、長秀殿にお越し頂き御説明いただく予定ですので、本編にて御確認ください。

これからも、会話形式ではフォローしきれない小ネタは、不肖・小幡めが解説いたしますので、御拝聴いただければ幸いです!
それではまた!


・・・ノブヤボの小幡の姿がなんだか可愛かったので(笑)やりきったサワヤカな顔ですね。
政治が4なのは仕方がないと思うよ!世渡り上手いとは言えないしね。だって小幡だから。(あんまりないいよう)
ほんとうに、シンプルにも程がある解説です。すいません相変わらず足りなくて・・・
中条長秀・富田さんとこなどで詳しい内容を説明できるようにする予定です。
誰得かというと、俺得しかないです。柳生ラッシュ(笑)がいつか来ますのでお待ちいただきたく。
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さんいらっしゃい~評定中~ 

OnoyagyuHyou.jpg

忠明「なんだ、まだコーナーの途中ではないか」
宗矩「そのコーナーに問題がありまして」
忠明「問題?」
宗矩「実は・・・例のここの裏方が」
忠明「あの行き当たりばったりで、コーナーも毎回その場の思いつきで書いているアレか」
宗矩「そう、途中で気が付いたらしいんですよ」
忠明「もったいぶらずにさっさと言え!」

宗矩「剣豪は、流派の系統ごとに人を呼んで紹介したほうがわかりやすい、と」
忠明「今更だな」
宗矩「だいたい、あのくくり方は何処に需要があるのかわかりませんでしたからね。まぁ気が付いてくれただけ良しとしましょう」
忠明「で、仕切りなおすのか?」
宗矩「これまで紹介した方々は、幸か不幸か殆ど主要流派の方々でしたし、次回からは流派ごとにまとまって、順番にお呼びして、お話を伺いましょう」
忠明「他流の者に話を聞くのも面白いな」
宗矩「そうですね、どのような流派があるのかを把握するのは大切なことですしね」
忠明「・・・」
宗矩「・・・な、なんです?顔に何か?」
忠明「いや、なんでもない」
宗矩「?」

忠明「小幡よ」
景憲「なんでしょう」
忠明「新陰流の番になったら、どうなるだろうな」
景憲「左様・・・但馬殿のお身内が列をなすかと」
忠明「小幡、そのときはあいつが行方をくらまさぬようによく見張れ」
景憲「はいはい」

つづく

今更ながら、自分のカテゴリ分けがアホだったので。
ネタ考えるのに詰まって、何がいけないのかと考えたら、頭の悪い区分方法でした・・・。
というわけで、やはり基本に基づいて、流派ごとに説明していくことにしました。
いつもいつも、こんな調子ですみません。
一般的にはまだまだ剣豪はマイナーなので、色々とわかりにくい部分もあろうかと思いますが、暇つぶしの足しになれるように努力します。
流派ごとの人数もかなりのものなので、長いコーナーになりそうです。間で生き抜きしつつやっていけたらいいなぁと。

拍手どうもありがとうございます。
たまには徳川もちゃんと描きます。そのうち剣術が得意なあの人とかあの人とかも「剣豪」扱いで出てくる予定です。
まずは「中条流」から。
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さんいらっしゃい~小笠原長治~ 

小笠原長治(生没年不詳)
号は源信斎。真新陰流の祖。
高天神城の城主・小笠原信興(軍記ものでは長忠)の甥または弟と言われている。
奥山休賀斎に師事し、新陰流の技を学ぶ。
1574年に高天神城が落城すると、小笠原氏は武田、北条と仕えていく。
そして小田原の役で北条氏が滅亡すると、明国に逃れそこで漢の張良の末裔という者から「矛術」を学び、己の学んできた兵法と組み合わせて「八寸の延金(のべかね)」を編み出したと言う。
この技の詳細はわからない。現在は失伝している。

この技を見たという、将軍家兵法指南役の柳生宗矩は、

宗矩「・・・とにかく、なんていうか、奇妙な技だったとしか」
忠明「なんだ、その兵法家にあるまじき曖昧な感想は」
宗矩「見てないからそんな事が言えるんですよ」
長治「一応、俺の奥義ですよ。そうそう見破られてはたまらない」
忠明「ふん、真新陰流なんて名乗る位だから、たいした自信があるようだな」
長治「それは、あなたも同じでしょう?江戸初期最強の剣豪さん」
忠明「当然だ」
宗矩「(・・・今にも斬り合いそうな不穏な流れだ、変えなければ)新陰流は奥山休賀斎殿に学ばれたのですね」
長治「そうです。高天神城に小笠原氏が居た頃に、三河に出て学んだんですよ」
忠明「小笠原氏は随分と苦労したらしいな」
長治「師の奥山様のおられた奥平氏と同じで、周辺の強い勢力に翻弄されまくりましたからね、今川に、徳川に、武田に北条に・・・いやぁ、渡り歩きました」
宗矩「住む土地を点々として、小田原も追われて、それで明に?」
長治「いやー、明に行ったのは・・・たまたまと言うか」
忠明「明に逃げたのではないのか?」
長治「よく考えてください。確かに小田原で北条家が滅んで、家臣もみな散り散りになりましたが・・・別に一人残らず罰されたわけではないでしょ。そんな遠くまで逃げる必要はないでしょう」
忠明「む、確かに」
宗矩「では、どうして明に?」
長治「・・・密航した船が明行きだったんですよ」
忠明「マヌケだな」
長治「ああ、でも向こうで明の武術を学ぶ機会があったおかげで、八寸の延金を編み出せたわけですし。日本に帰ってきてからは弟子がじゃんじゃんでウハウハでしたから」
宗矩「たしか、三千人でしたっけ、たいしたものですね」
忠明「で、その金の延べ棒は弟子にちゃんと教えたのか?」
長治「金の延べ棒は持ってませんが、技は教えましたよ。後世に失われたのは、運が悪かったんでしょう」
宗矩「秘伝は紙の上には記せないし、言葉にしても説明しきれませんからね」
忠明「己の精神と肉体を限界まで鍛えぬいてこそ、教えられて理解できることだからな」
長治「自分で言うのもなんですが、わかりにくい技ですからねー」
忠明「だから・・・それを教えろと」
長治「おおっと、奥義を他流派の方にやすやすと教えるわけには行きませんよ」
宗矩「忠明殿、わがまま言ってはいけません」
忠明「ええい!ならば勝負をしろ!」
長治「ええっ、宗矩さん差し置いて俺とさきにやっちゃっていいんですか?」
忠明「ぬ・・・」
宗矩「どうぞどうぞ、お先に」
長治「わー、威をもって制する一の太刀とか、石火の一刀とか、楽しみだなぁ」
忠明「よし、待ってろ、先に柳生と勝負してからじっくり料理してやる!」
宗矩「嫌です。だいたい、なんですかその小悪党のような台詞は」
忠明「おのれ・・・!柳生っ勝負しろ!!」
宗矩「真っ平御免です」

長治「おー、噂どおりわかりやすいお二人だ・・・と、幕末の勝海舟が学んだ『直心陰流』は俺の流派から生まれたんだ!あと、白井亨は八寸の延金を自力で復刻したらしい。君もよかったら再現して見てくれよな!じゃっ!」

つづく

ちゃっかり大冒険をしていると思う、小笠原源信斎さんでした。
矛は、槍や薙刀の原型となった中国の武器で、長柄の先に幅広で両刃の剣のような部位がついたものです。漢の張良は、漢の初代皇帝・劉邦の軍師です。軍師のイメージが強いので、ちょっと自分としては「張良の末裔に武術をならうの?」って思ってしまいました。
上で書いたように、源信斎は一度中国へ渡っているのですが、その時期に関しては大坂の役の後という説もあるそうです。詳しい時期は結局どちらかはわかりませんが、ともかく中国へ渡って矛術を学んだらしいことは確かでしょう。
彼の「無敗の技」と呼ばれる「八寸の延金」ですが、その実態は、構えの体勢で体をうまくひねると相手との間合いに八寸の利が生まれるようになるとか、武器に八寸伸びる仕掛けをしたとか、色々と言われていますが真相は果たしていかに。

ひとまず、「なんとか斎」のくくりは終わりです。(ひどいくくりかた)他にもいるじゃんという御指摘はあるかもしれませんが・・・。
次回からは「おいでませ偉い人」編です。独断と偏見で偉そうな人をお呼びします。
剣豪特集は、関東武将よりも自分の独自の捏造が多めであまり参考にならないです、すいません。だいぶ脱線しています・・・。

明日は久々に絵ちゃにいようと思います。夜の10時過ぎにはいるかなぁと。また明日の更新でお知らせします。
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さんいらっしゃい~松林永吉~ 

松林永吉(1593~1667)
通称・左馬之助。号は無雲、後に蝙也斎。
信濃国松代の生まれで、鹿島流を学び、また夢想権之助から夢想願流を学んだ。
剣術で身を立てることを望んだ左馬之助は、諸国を巡って技を磨き「夢想願立流」を興す。
関東郡代の伊奈半十郎のもとで剣術を教えていたが、奥州仙台藩主・伊達忠宗(政宗の次男)に「ぜひ彼を指南役に迎えたいので譲って欲しい」と懇願され、左馬之助は伊達家指南役として三十貫(後に三百石)で召抱えられた。(51歳のとき)
また、60歳の頃に将軍家光に技を披露した。
家光は左馬之助の軽やかな身のこなしと技前に「蝙蝠のようだ」と賞賛した。その後、蝙蝠から一字取って「蝙也斎」と名乗った。
75歳で亡くなる時まで、日課の抜刀千遍をやめなかったと言う。

宗矩「・・・あの、はじめてもよろしいでしょうか」
永吉「はっ、申し訳ありません!よろしくお願いいたしますっ」
忠明「なんだ、人の顔をじっと見て」
永吉「い、いえ、高名なお二方にお会いできて、つい」
宗矩「御謙遜を。永吉殿もかなりの腕前をお持ちではないですか」
忠明「うむ、蝙蝠に比される技前だそうだな」
永吉「そ、そんなにたいしたことは・・・ないのです。飛んだり跳ねたりするばかりで」
宗矩「足鐔(そくたん)という技があるそうですね」
永吉「あ、はい。相手の打ち込んで来る刀の鍔を踏んでその勢いで動く技なのです」
忠明「ほう、刀に乗るのか。それは面白いな」
宗矩「たいしたものですね」
永吉「しゅ、修行が趣味みたいなもので、変な技で申し訳ありません!」
忠明「そんなことはない。おもしろいぞ」
宗矩「義経殿を超えたと資料にありますが」
永吉「い、いやっ、それは・・・仙台藩で藩士のみなさんに剣術の稽古をしていて、休憩中に義経公が池のほとりの柳の枝を切り折り、それが池に落ちるまでに八回斬ったという話をしていたんですよ」
忠明「ふむ、それでどうしたのだ」
永吉「それはすごいなぁ、自分がやったらどのくらいできるかなって。たまたま十三回できたので、周囲がものすごく盛り上がってしまって・・・お恥ずかしいっ!」
宗矩「たまたまでそんな芸当は出来ませんよ、胸を張ってください」
忠明「・・・他には!あるだろう!言え!!」
永吉「ひっ!ご、ごめんなさい!」
宗矩(あー、対抗意識燃やしちゃって・・・)
永吉「部屋を飛んでるハエが気になって、ちょっと首と胴を切り離してみたりとか・・・ですかね」
宗矩「それは、飛んでいるハエを斬ったと」
永吉「は、はい」
忠明「・・・」
宗矩「それで、噂が家光様のもとに届いて技を披露したと。兵法数寄のあの方らしいですね」
永吉「まるで蝙蝠のようだとお褒めに預かり、嬉しかったので号に使わせていただきました」
忠明「おのれ!」
永吉「わぁっ!ど、どうしたんですか」
忠明「負けんぞ!」
永吉「あ・・・血相変えて走って行かれましたが・・・どうしたのですか?」
宗矩「お気になさらず。いつものことですから・・・ところで、お聞きしたいのですが」
永吉「なんでしょう」
宗矩「どうして、忠明殿の顔をじっと見ていたのですか?」
永吉「それは、うらやましいなぁと」
宗矩「うらやましい?」
永吉「私、生まれつき顔がいつも不気味だと言われていたので、あんなかわいらしい顔がうらやましくて」
宗矩「永吉殿、人間顔ではありません。中身です」
永吉「そうですよね、いい人に見えても腹黒い方もいるそうですし」
宗矩「はははは」
永吉「あっ、これは忠宗様からお聞きした・・・政宗公の印象です。内緒にしてください」
宗矩「・・・えっ(いい人に見えて・・・あの人が?)」

忠明「小幡ぁ!ハエを生きたまま捕って来い!」
景憲「えええっ!?なんでっ?」

つづく

江戸時代には「コウモリ」には悪いイメージはなかったようですね。ほめ言葉として家光が言っているみたいですし。
夢想願立流は、明治時代に相伝が絶えてしまい現存しませんが、直筆の文書がご子孫によって保管されていたり、『願立剣術物語』という蝙也斎の教えを伝える文書が残っているそうです。
また、「るろうに剣心」の登場人物「飛翔の蝙也」のモチーフにもなっているのだそうです。
しかし、コウモリのような身のこなしってどんなものなのでしょうねぇ。
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さんいらっしゃい~奥山公重~ 

奥山公重(1526~1602)
号は休(急)賀斎。彼個人の話は後述。
奥平氏について少しだけ。
休賀斎の父は奥平貞久といい、奥平貞能(さだまさ)に仕えていた。
奥平貞能は奥三河の作手・亀山城に居を構える戦国大名で、今川家に仕えていたが、桶狭間で今川義元が討たれると今川氏を離反して徳川氏に付いた。
しかし、武田氏の勢力が増すと貞能の意思とは裏腹に、隠居していた父の意向で武田に付いて働くこととなる。
武田に付きながらも、貞能は家康と密かに連絡をとっていたらしく、信玄が亡くなると徳川へ帰属する。(この時に内通を疑われ、人質に取られた次男を武田方に処刑されている)
奥平家はその後も徳川家臣として続く。

宗矩「休賀斎殿、忠明殿、お時間ですよ」
忠明「・・・む」
公重「おや、これは失礼を」
宗矩「いえいえ、隠居なさっているところお呼びだてして恐縮です」
忠明「寝てしまったか・・・休賀斎殿を見ていると、気が静まる」
宗矩「確かに、不思議な穏やかさがありますね(ずっと忠明殿の側に居てもらえると静かになりそうだな)」
公重「ははは、こう見えても若い頃は急賀斎と書いていた時期もあったのですが」
忠明「忙しい方だったのか?」
宗矩「休賀斎殿のお父上が仕えた奥平家は、今川・徳川・武田の勢力の間で随分苦労なさったそうですね」
公重「ええ、大きな勢力の間で生き抜くことは大変な苦労でした。何を信じて、誰に従っていくか?その道が定まるまでは貞能様も御苦労なさいました」
宗矩「その気持ち、わかります。生き抜くことは大変ですよね・・・」
忠明「そのような中で、休賀斎殿は剣術を学ばれたのか」
公重「はい。それなりに才能がありましたようで、主君からも兵法修行を許可されていました」
宗矩「休賀斎殿も、新陰流ですよね!」
公重「そうですよ!甲府に伊勢守様がおいでになると聞いて押しかけ、飛騨高山まで付いて行って一年間指導していただいたのです!」
宗矩「一年間、つきっきりで?」
公重「ふふふー、そうですよ」
宗矩「ゆ、夢のようですね」
忠明(なんだ、あの女が好いた男子の話をするときのような盛り上がりは・・・これだから新陰流は)
公重「あれは、一生忘れられない思い出です・・・一年の指導を元に、私は三河に戻り奥山明神へ参篭して技の修錬を行い、そしてこれらを纏め上げて一流を開く決心をしました」
忠明「それが、奥山流のはじまりなのだな」
宗矩「奥平姓から奥山姓に改名されたのもこの時期ですか?」
公重「そうです。一流を立てた私を、貞能様も喜んでくださり、御子息の指南をするお役目までいただきました」
宗矩「これまでのご苦労が報われたのですね」
公重「ええ。自分では好きなことをやらせていただいていただけだったので、それがやっと主家のお役に立てて嬉しかったですよ」
忠明「家康様との出会いはいつなのだ?」
公重「姉川の合戦で、貞能様の御子息・信昌様が武功を立てて、その時に指南役の私の名前が知られて、呼び出されたと言うことになっておりますが・・・」
宗矩「が?」
忠明「違うのか?」
公重「実は、その前にも何度か顔を合わせているんですよね。ちょこちょこと」
宗矩「そうだったんですか」
公重「お互い名前も知らずに、剣術について話しただけですが」
忠明「三河に住むもの同士、会うこともあるのか?しかし、奇縁だな」
公重「お互い顔を見たときは驚きましたよ。それから、意気投合して、家康様は兵法の飲み込みも早くてたった四年で我が剣術を全て伝授できてしまいました」
宗矩「家康様は、なんでも熱心ですからね」
忠明「兵法は特に執心だからな」
公重「その後、奥山流にご朱印と、私に「公」の字を贈ってくださいました、過分なご褒美です」
宗矩「それで公重を名乗られたのですね」
公重「そうです。それまでは定国と言いました」
忠明「兵法は己の身で会得し高めていくものだが、それを他者に認めてもらえるのはありがたい事だな」
公重「若い頃は兵法を学ぶことだけが楽しくて、突っ走ってきたのですが、一途に走ってきたことがよい結果に繋がったのは、幸せなことです」
宗矩「休賀斎殿は、我々の先達ですから、指標にさせていただきます」
忠明「俺もまっすぐに励むぞ。こいつは曲がりくねってばかりだが」
宗矩「分岐はしてませんからね。曲がっていても一本道です」
忠明「詭弁だな」
公重「お二人は仲良しですね」
宗矩「どこがですか!」
忠明「柳生は倒す相手だ!」
公重「ふふふ、殿も面白い人選をなされる」

つづく

奥山休賀斎自身の記録はそう多くありませんが、主君である奥平貞能を見てみると波乱万丈な生き様を見ることが出来ます。休賀斎は、家康に朱印をもらい、御台所守役となりますが、その後病気を発して職を辞し、晩年は主君・貞能に引き取られて77歳で亡くなります。奥平家でも大切にされていたのがうかがえます。

休賀斎の弟子には、「真新陰流」を興した小笠原長治がいます。また、奥平家の家臣には、鍵屋の辻の講談で有名な荒木又右衛門がいます。又右衛門は柳生十平衛の弟子として有名です。

みつさんのとこで、ビジネスジャンプで本宮先生が「柳生宗矩」連載してるということを知りました。本が出たら買おう!小野さんの出てくる余地はなさそうだけれど・・・三国志を超展開にした本宮先生なら、あるいは・・・。
しかし、柳生は漫画にアニメにドラマになっていいなぁ。小野さんにももっと浮いた話があればいいのに。
「風の忍び」の次巻を楽しみにするしかない。あの小野さんはとても可愛い。

7月に、あのフロムのお祭りロボアクションゲー「アナザーセンチュリーズ・エピソードR」が発売だそうです。PS3で。わーい、楽しみ!アーバレストやクロスボーンが出るそうな。やった!ガーンズバックとかクァバーゼとか出るかな。雑誌の画像だけでも、作りこまれてるCGの出来栄えに燃えます。システムはフロムだから期待、シナリオはバンダイだからお察しください(笑)
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さんいらっしゃい~鐘捲通家~ 

鐘捲通家(生没年不明)
号は自斎。鐘捲流の祖。
遠州秋葉生まれで、越前に住み富田勢源の弟子であったと言う。
伊東一刀斎と、佐々木小次郎の師匠として知られている。

以上。

通家「ふ・・・紹介文が三行か」
宗矩「こ、これから説明しますよ」
忠明「手持ちの資料も少ないがな」
宗矩「そこをうまく広げて・・・って忠明殿は関係あるんですから」
忠明「・・・あっ、師匠の師匠!」
通家「気付いてくれたか・・・はは」
宗矩「自斎殿は一刀流の祖、一刀斎先生のお師匠さまです。御立派ではないですか」
通家「まぁ、すぐに技を全部覚えたし、あっさりワシを倒して出てったけど・・・」
宗矩「そ、そんなことは」
忠明「基本は全て自斎様に教えられたと師匠も言っていました」
通家「そ、そうかな・・・」
忠明「最後には、自ら負けて見せてくれることで自信を付けてくれたと」
通家「い、いや、あいつふてぶてしく寝てばっかりで腹が立って、結構本気で倒しにかかったんだけど・・・」
宗矩「そういう話は、御自分からおっしゃらないほうが」
忠明「どうして、最後にそんな大人気ない真似を」
通家「だ、だって、弥五郎ったらあんまりしゃべらんし、無愛想だし、それでいて剣術の飲み込みだけ早くて、飯の飲み込みも早くて・・・」
宗矩「ははぁ、積もり積もった気持ちですか」
通家「しかし、負けてワシも気付かされた。富田三家なんて持ち上げられて、自分も天狗になっていたんだと」
忠明「それで、負けた後で奥義を全て師匠にお教えくださったのですか」
通家「ま、まぁね。あれで追い出したら、ワシゃ情けなさすぎだしなぁ。負けて、弥五郎の素質も初めて気が付いたのさ」
宗矩「なかなか、出来ることではないですよ」
忠明「兵法者にとっては、負けるのは死ぬほど口惜しいからな。道場主が己を負かした相手を寄ってたかって殺すことなど、よくあることだ」
通家「それは、結局己の力にみじめにしがみついているだけさ、技は相応の力を持ってこそ光るもの・・・弟子に追い越された師が出来ることと言ったら、己のちっぽけな技をせめて大きくして欲しいと弟子に伝えることだけだよ」
宗矩「そして、それは見事に達成されたわけですね」
忠明「しっかりと、技は師匠から俺に伝えられています」
通家「ほんとうに、持つべきものは良い弟子だね、おかげでたいしたことないワシも名前が残ったんだし」
宗矩「そういえば、佐々木小次郎も自斎殿のお弟子さんだったとか」
通家「ああ、あの子もいい素質があって、それに頭も良かったし」
忠明「あいつも気の毒だったらしいな、なんか着物を干す竿が武器だったことにされたり、行った事が無い場所がゆかりの土地になっていたり」
宗矩「・・・そこは結構議論があるので触らないで置きましょう」
通家「いいなぁ、キャラ立つじゃない、そういうの・・・ワシにはそういうのないからね」
忠明「今からでも、ウリを探してはどうです」
通家「んー、あるかなぁ・・・天然キャラは目の前にすごいのがいるし、腹黒もいるし」
宗矩「なんで皆してさらっと人を腹黒に持って行こうとするんですか」
通家「いいじゃない、すごくいいじゃない、弟子がいないと名前すら出てこないワシよりいいじゃない」
忠明「そうだぞ、ぜいたくだぞ柳生」
宗矩「・・・欲しいならあげますけど・・・腹黒」
通家「いやいや、ワシ弟子の影に隠れた空気キャラで売っていくつもりだから」
宗矩「結局、その路線ですかっ」
通家「弥五郎と小次郎を見たときは、鐘捲自斎を思い出してほしいな・・・ではっ!」
忠明「やはり、あの方も剣豪だな。たくましい」
宗矩「もはや剣術も何も関係ないですけどね・・・」

つづく

自斎は本当にネタが一刀斎か小次郎がらみしかない・・・です。
中には存在自体を疑問視する考え方もあるくらいです。しかし、一刀斎の剣術の原型となる型をいろいろと教えているので、地味に重要な人じゃないかと思います。
でも、越前に住んでいたはずが、一刀斎が剣術を教わったのは江戸という記述もあったり・・・途中で引越ししたのかな。そういう部分を想像で展開させると面白いのかもしれません。
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さんいらっしゃい~愛洲久忠~ 

愛洲久忠(1452~1538)
号は移香斎。陰流の祖。
伊勢の愛洲氏の出。愛洲氏は熊野の海賊の一党で、愛洲久忠も若い頃は海賊家業をやっていた・・・かもしれない。
また、36歳の頃に鵜戸の岩屋に参篭して、そこで猿の幻影を見て剣の極意を得たと言われている。(猿ではなく蜘蛛であったとも言われる)伝説では、猿は神の化身で、移香斎に一巻の秘伝書を授けたとも伝わっている。
剣聖・上泉信綱の師の一人とも言われ、伊勢守に新陰流を開かせるきっかけとなった(久忠の息子に師事したという説もある)

※そんなわけで、海賊前提の捏造話でお送りします。

久忠「兵法を愛する愛洲久忠や!みんなよろしくなぁ!」
忠明「・・・柳生よ」
宗矩「・・・おっしゃりたいことはわかります」
忠明「15世紀生まれはこんな方々ばかりなのか」
宗矩「いや、そんなことは・・・ないといいですが」
久忠「ごめんな、海外渡航経験もあるワシのハイセンスについて来れないかぁ~」
忠明「ああ、あまりにもすっ飛び過ぎてて」
宗矩「ははは、まだまだ若輩者で!すみませんねぇ」
久忠「うん、かまわんよー。こういう状態慣れてるから」
忠明「さすがに陰流の祖だけあって、とらえどころのない方だな」
宗矩「新陰流の原型となった流派ですよ、陰流は」
忠明「ふむ、納得できた」
宗矩「・・・どういう意味です」
久忠「ワシ、若い頃はやんちゃやったのよー」
忠明「話の流れを無視しているな」
宗矩「忠明殿に言われるとは、世も末ですね」
忠明「なんだと・・・?」
久忠「うちの家って代々由緒正しい海賊やっとるのよ」
宗矩「え、伊勢の国司では」
久忠「あー、やったこともあるけど、基本海賊なんや」
忠明「海賊か、楽しそうだな」
久忠「楽しい楽しい、海は広いし、魚はうまいし、腕次第で取りたい放題だし」
宗矩「まさか、海外渡航経験とは・・・」
久忠「うん、明国の船とか襲ったりした」
宗矩「あああ・・・」
忠明「かっこいいな・・・」
久忠「ふっ、見せたかったわぁ、ワシの男ぶりを」
宗矩「で、でも、ずっと海賊をやってはいなかったんですよね」
久忠「うん。海賊よりも兵法やるのが楽しくなってきたから、修行の旅に出てな」
忠明「最初はどんな兵法を?」
久忠「念流やねー。もともと剣術の素質あるって、習ってたから」
宗矩「旅は順調だったのですか?」
久忠「最初はなー、連戦連勝で意気揚々と瀬戸内から都へ出たんやけど・・・そこでこっぴどく負けてなぁ」
忠明「初めての敗北だったのか・・・」
久忠「それまで負けなしだったもんやから、そりゃもう落ち込んで・・・都を逃げ出して、気が付いたら日向の鵜戸神宮にたどり着いておった」
宗矩「確か、鵜戸神宮はかつて念流の祖・慈恩様が流派を興したと伝わる土地ですね」
久忠「不思議なこともあるもんやなぁ、ふらふらとたどり着いたのが、あそこだったなんて」
忠明「そこで修行をしなおしたのだな」
久忠「これも神さんのお導きと、イチから出直してな。そうしたら、ある日鵜戸の岩屋で眠っていた時に、一匹の猿がワシの前に現れた」
宗矩「その猿から、陰流の技を?」
久忠「うん、ふっと思い浮かんだんだな、新しい剣術の形を」
忠明「そういえば、陰流には猿飛という技があったな」
宗矩「目録にも、猿が刀を持った挿絵があったような」
久忠「印象的な出来事だったからなー」
宗矩「一説には蜘蛛に教えられたともありますけど」
久忠「ああー、ないない、ワシ蜘蛛嫌いだものー。ないわー」
忠明「蜘蛛は刀が持てんぞ、柳生」
久忠「おっ、ジローくんいい打ち込みやな!」
忠明「そうか?」
宗矩「・・・変なこと聞いてすいません(なんか今日は置いていかれてばっかりだ)」
久忠「ワシの弟子の・・・大胡の若さんなんか、ノリもツッコミも全部どこ吹く風で、正直驚いたもんや、天然ボケもあそこまで行くと天才やな」
宗矩「大胡の、って伊勢守さまですか」
久忠「そうそう、あの子も新陰流なんて立派に自分の流派創って偉いもんやね。陰の文字を入れてくれるあたり、嬉しいなぁ」
忠明「あれは嬉しいな。自分の教えてきたものを尊重してくれているのだと感じる」(一刀流には○○一刀流がたくさんあります)
宗矩「・・・」
久忠「ムネちゃん、将軍家御留流になったこと後悔?」
忠明「将軍家にしか教えられないからな、江戸柳生は」
宗矩「いえ、選んだ道ですから」
久忠「寂しかったら入ってもいいんやで?剣を愛する愛洲の会に」
忠明「それはいらん」
宗矩「それは遠慮しておきます」
久忠「これだから16世紀生まれのの若いもんは・・・ノリが悪いわぁ」

つづく

鵜戸神宮は、宮城県にある神社です。推古天皇(在位・593~628)の頃に岩屋が掘られたんだとか、歴史の古い神社です。祭神は「ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと」というやたらと長い名前の神さまで、夫婦円満・農業・安産などの神さまとして信仰されているそうです。そして、前述のアホ会話の中にもあるとおり、「念流」の祖と言われる念阿弥慈恩が若い頃に鵜戸神宮の岩屋で修行を積んだと言われています。

ちなみに、愛洲移香斎が若い頃に念流を習得していたというのは、慈恩の弟子の「猿の御前」が愛洲移香斎の先祖だという説があるのでそこから取りました。この説自体は信憑性は確認できないので、自分の中では単に念流を習っていただけという設定にしています。

・・・慈恩さんもいずれはちゃんと出してみたいですね。まだ像が結べないですが。
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さんいらっしゃい~飯篠家直~ 

飯篠家直(1387~1488)
号は長威斎(ちょういさい)。下総香取の郷士で、千葉氏に仕えた。
しかし、千葉氏宗家が内紛によって滅亡すると、主家が内紛で滅んだのを目の当たりにして思うところがあったのだろう「武術は互いに殺しあうためのものではない」という信念のもと、一族郎党みな己の元を去らせ、一人香取神宮の奥宮近くの梅木山に千日籠もる修行を続けた。そして千日目に「兵法とは平和の法なり」という悟りを開いたとされる。
それから、天真正伝香取神道流を興す。
「兵法を通して、心身を正しくすれば相争うこともなくなり、平和になる」と広く人々に教えを伝え、102歳で没した。


宗矩「ある意味、兵法中興の祖とお呼びして良いお方です」
家直「やぁ、兵法の子供たち!」
忠明「子ども扱いするな!」
家直「だって、私からしたら君らなんて子供っていうか孫の孫みたいなカンジだし」
宗矩「それはそうですが・・・」
忠明「102まで生きたなんて、仙人か化け物だな」
宗矩「忠明殿は黙っててください」
家直「はっはっは、そう見えるのも無理なかろう」
忠明「神前の武術と、戦の武術は、別のものだったのを高い理想で一つの芸に高めたのは、常人にはできまい」
宗矩「た、確かに・・・(すごくまともなことを)」
家直「うーん、別にそう高尚な理由で修行を始めたわけではなくてね」
宗矩「きっかけは、主家の内紛ですよね」
家直「そう、私は千葉氏に仕えていたんだけど、宗家が分家に追われて自害したのを見てね・・・むなしくなってしまったんだよ」
忠明「武士であることが・・・?」
家直「うん、最初はやめちゃおうかと思ったくらいさ。私自身は、千葉家の中でも優れた武術の使い手としてそれなりに認められていたんだけど、結局、戦う技では内紛と、主君親子の自害も止められなかったしね・・・」
宗矩「・・・調度、千葉氏の宗家が滅んだ頃は、足利公方と関東管領上杉氏の内紛も起こっていて、関東は争乱の真っ只中ですね」
忠明「周囲が血眼になって食い合っている中か、たった一人の兵法者がどうこうできるものではない」
家直「本当に、むなしかったね、でも、どうにもできないと諦めるのも、武士を捨ててしまうのも、自分に納得が行かなかったんだ」
宗矩「それで・・・」
忠明「一族の中に居る己を捨てて、勝負に出たのか」
家直「ああ、そうだよ。自分って存在を、一度真剣に天地に問うてみたかったのさ、限界まで追い込んでみたかった」
宗矩「それを、60手前の方がやったんですよね?」
忠明「・・・俺はそろそろ死ぬ歳だな」
家直「いやぁ、人間死ぬ気で頑張ったら、結果が後から付いてくるものだよ」
忠明「千日山に籠もって修行か・・・」
宗矩「我々には考えられない修行ですね」
家直「そうかなぁ、君ら私よりも若いんだから、いけると思うけどなー」
忠明「・・・やってみるかな」
宗矩「忠明殿、あなた千日も勝手に籠もってたらまた罰喰らいますよ」
家直「千日修行を行えば、神託を得られるほかに、熊笹の上に乗っても笹を折らない技も特典で会得できるぞぉ!」
忠明「・・・やってみたい!」
宗矩「・・・(ちょっと興味はあるなぁ)」
家直「ま、冗談はさておき」
忠明「!!!」
宗矩「・・・(ちょっと本気にしてしまった!)」
家直「兵法とは平和の法、の理念が後の世でも活かされているのは嬉しいね」
宗矩「新陰流は神道流の流れも組んでおりますから、その心を伝えていたんでしょう」
忠明「強い奴と出会ったら、勝負したくなると思うがな」
家直「はははっ、君はある意味、君自身が歩くことで周囲が平和になりそうだねー、すごいね」
忠明「そ、そうなのか?すごいのか?」
宗矩「ある意味間違ってませんけど・・・」
家直「神道流がしんとうしてるのが嬉しい!」
宗矩「・・・・・・」
忠明「・・・その発言は後世まで残らんだろうな」
家直「ええっ、イケてない!?」

つづく

現存する流派の祖である飯篠長威斎先生に、大変申し訳ないキャラ付けしてしまってごめんなさい。
以前、香取に行った時にお墓まで行けなかったので、今年の鹿島神宮の演舞を見学に行きがてら今度こそお参りしたいと思っています。
次回も「○○斎」が続きます。

これはほとんど誰かへの私信に近いですが・・・
どうでもいいもんまとめてどこぞへ放り込んでおきましたー。ほんとにどうでもいい。
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さんいらっしゃい~伊東景久の巻~ 

※相変わらずどうでもいい捏造会話でお送りいたします。

忠明「師匠、師匠!」
宗矩「意外と早い御到着で・・・(なんか黒い汚れが怖い)」
景久「典膳に呼ばれたからな、急いで来た」
忠明「師匠・・・」
宗矩「い、急いでですか」
景久「うむ。食べかけのあんころ餅を急いで食べながら―」
宗矩「・・・あんこがお顔に付いたままです(なんかガッカリだ)」
忠明「師匠、この布で」
景久「む、すまぬな」
宗矩「え、ええとー。一刀斎先生には色々と謎がつきまとっていますよね」
忠明「俺も師匠の過去はよく・・・」
景久「俺にとって重要なのは、生まれや身分ではなく、俺自身が生み出してきた剣術の技法だけだ。それ以外は別にどう取られてもかまわん」
宗矩「そ、そうなんですか」
景久「一つの土地や民と育ってきた柳生のお主にはわかりにくいかな」
宗矩「それは・・・はい」
忠明「俺でさえ、生まれた土地への愛着は少しはあります」
景久「それが普通だな。俺だとて、全くそう言った想いがないわけでもないが、放浪の旅をしていたからな」
忠明「師匠ほどの方なら、どこか大名家に仕えていれば、もっと記録に残っていてもおかしくないですよね!」
宗矩「なぜ定住しようと思われなかったのですか?」
景久「世の中には様々な兵法者がいる。その技を学び、己の技を磨く為だ。そうしているのが一番俺らしいと思う」
忠明「俺との勝負も、俺の腕前を聞き、興味を持ってくださったからなのだ」
宗矩「へぇ、それでこれでもかというくらい負けたんですよね」
忠明「うるさい!」
景久「旅と剣術を学ぶことは楽しかったが、人前に出るのは苦手でな」
宗矩「書物に名前が残るのも・・・?」
景久「嫌だな。照れくさいだろう」
忠明「師匠はおなごも苦手なのだ、俺と同じで」
宗矩「え、でも女性に騙されて刀を取られて危なかったとか」
景久「あれは俺の人生の中でも痛恨の出来事だった」
宗矩「でしょうね、私もそんなことやらかしたら・・・」
景久「女を憎む気持ちは無い。それよりもあんな簡単に醜態を晒してしまった自身への怒りが大きかった」
忠明「師匠はとっても真面目ですからね」
宗矩「・・・(そんなもんなのか)」
忠明「柳生は不真面目だからわかるまい」
宗矩「一応都会っ子ですから」
忠明「・・・」←関東の田舎者
景久「俺も近江(滋賀県)の生まれと言う説もあってな」
忠明「し、師匠!」
宗矩「一刀斎先生、ご自身に謎があるのを楽しんでいらっしゃいますね」
景久「そうかもな」
宗矩「しかし、隠そうとしても記録に残ってしまいましたね」
忠明「それだけ、師匠の編み出した剣術がすばらしかったということです!」
景久「そういうものなのかな」
宗矩「本当にこだわらないのですね」
景久「自分がどこまで強くなれるのか試すのは楽しかったがな。それを多くの者に広めた功績は、典膳にあるだろう」
忠明「そ、そんな」
宗矩「そういえば、後継者争いとかありましたよね」
景久「・・・」
忠明「・・・」
宗矩(・・・ものすごくまずいことを聞いたらしい)
忠明「・・・っく」
宗矩「ちょ、どうして泣くんですか!?」
景久「欲が出たのだ、確実に俺の作った技を後世に伝えて欲しいと言う欲が・・・」
宗矩「なんかとても重い告白が!?」
忠明「善鬼・・・俺は本当は・・・」
景久「すまなかった、俺という奴は・・・」
宗矩「す、すみませんすみません!この話はいいです、しなくていいです!」
忠明「すまん・・・」
景久「俺が未熟で・・・」
宗矩「いえ、配慮が足りなくて・・・おわびに何か御馳走します。何か食べたいものがあったら」
忠明「ようかん!!」
景久「江戸の名物ありったけ」
宗矩「反応早い!」

忠明「なんとか師匠も機嫌を直して帰られたな」
宗矩「・・・師弟そろって・・・ですね」
忠明「なんだ?」
宗矩「いえ、一刀流も色々と苦労があるんですね」
忠明「?」

宗矩「師弟揃って、妙にかわいい部分がありますよね・・・」

つづく

一刀斎は本当に記録があいまいです。生まれた土地でさえ、逸話によって土地が違うし。(伊東生まれは、地元に伝承が全然ないから嘘くさい)
しかし、あちこちに書かれている逸話は想像力を掻き立てるのに十分な素材であることから、さまざまな創作で登場しています。最近なんてバガボンドでも活躍しているようですし(まだちゃんと読んだこと無いんですが)
書き手によって様々な一刀斎が登場するので、剣豪小説でもいつもどんな役回りで登場するかを見るのが楽しみです。

拍手ありがとうございます!
剣豪さんもつたないながらも頑張って行こうと思いますのでよろしくお願いします。
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さんいらっしゃい~柳生宗厳の巻~ 

宗矩「帰る!」
忠明「いきなりなんだ」
宗矩「それはこっちの台詞ですっ、なんで身内から呼ぶんですか」
宗厳「ああ・・・せっかくこの父が来たと言うのに、なんと親不孝な」
忠明「お父上を泣かせてはいかんぞ、柳生」
宗厳「そうだ、いかんぞ又右衛門」
宗矩「あんたが言うなよ!」
忠明「なぜそんなにお父上が嫌いなのだ」
宗厳「ワシが又右衛門をハメたから」
忠明「むっ?」
宗矩「俺は五男で、どうせ家を継ぐなんてことも無いだろうと思っていたのに・・・」
宗厳「ふっ、うまく騙せたな」
宗矩「こ、この腹黒ジジイがっ!」
忠明「どういうことなのだ?」
宗厳「こういうことじゃな」

前提:柳生の里は京都に近くていつも色んな勢力に狙われる位置。並大抵の領国経営じゃ生き抜けない。情勢を見て強いほうに付いてでも守らないとダメ。

その1:長男の厳勝が戦で腰に怪我をして足が不自由になる。とてもショック。
その2:次男と三男は武士に向いていないので寺に入れる。
その3:残るは四男・宗章と五男・宗矩。
その4:宗章は剣術一筋で性格も一途なので、適当で調子のいい宗矩がいいかもしれないと判断。
その5:五男はひねくれているので、ただ言っても聞かないので、罠を張ることにした。
その6:徳川殿に仕えるから、顔見せに来いと宗章と宗矩を呼ぶ。
その7:そこで柳生家の腕前が評価されたら否応無しに「じゃあ息子の又右衛門をお側で使ってやってください!」と薦める。
補足1:このとき、宗章の仕官先は先に決めておくのがポイント。勿論、宗矩にはナイショで。
補足2:新陰流の技は、孫の利厳に継がせるので流派が保たれる。兵法も家もこれで安泰!

忠明「なるほど、わかりやすい」
宗厳「なー、家と土地を守るためにはこうするしかなかったんだよー」
宗矩「だったら言えばいいのに・・・ダマしやがって」
宗厳「お前、我を曲げないし、指摘されるとかたくなに従わない悪い癖があるだろう」
忠明「ああ、あるな。特に己の嗜好に関することは」
宗矩「うっ・・・」
宗厳「他人の意見はちゃんと聞くクセにな~、身内とか気心知れてると聞かんのよ。甘ったれだからな」
忠明「行動を見ているとまさにその通りだな」
宗矩「ううう・・・」
宗厳「その意地っ張りで、せっかくのチャンスを無駄にしては可哀想だと、一芝居打ったわけだよ」
忠明「涙ぐましい親心だな」
宗矩「じ、自分ばっかりいい所取りやがって」
宗厳「その言葉、そっくり返すぞ」
忠明「結局、柳生の腹黒さは父親譲りということだな」
柳生親子『ええっ!?』

忠明「親子揃って腹黒の自覚が無いのか・・・重症だな」
宗厳「いや、お前さんにそう言われると本気でヘコむから」
宗矩「・・・忠明殿の口からこんなことを言われるとは」

忠明「すると・・・新陰流の祖も腹ぐ」
柳生親子『そんなわけが無いだろう!!』
忠明「・・・(これだから新陰流は)」

忠明「まったく、俺が居たからいいようなものの」
宗矩「申し訳ない・・・だって最初から身内とか」
忠明「次はしっかりやるのだな」
宗矩「わかってますよ」
忠明「剣豪でくくるから、いずれ甥だの息子だの来るんだからな」
宗矩「はぁぁ・・・」

つづく

なんで柳生の跡継ぎが五男になったのか、個人的な予測をもとにネタを書いてみました。
剣豪の側面が強く出る石舟斎(宗厳)ですが、実はかなりやり手の豪族だと思うんですよねー。
宗矩は柳生家のなかで異色の存在って言うけれど、そんなことないだろうと感じるんですよね。全員剣術一本だったらあんな京都に近くて乱が多い土地で生きていくの無理っぽいし。何気に宗厳はあの松永久秀の下についていたこともありますし。宗厳も、宗矩のように坊主の友達がいるし、似たもの親子じゃないかと。
そんなわけで、ウチの石舟斎は腹黒設定です。

NHKドラマスペシャル「大仏開眼(前編)」見逃しました・・・
最後のほうだけ観れたけど・・・楽しみにしていて見逃すって・・・
再放送はいつだろう。天平文化の時代劇なんてなかなか見られるもんじゃないですよ!
戦国や江戸もいいけど、平安とかそれ以前の時代のドラマももっとやってくれるといいな。

以下、どうでもいい心の叫び。
-- 続きを読む --
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剣豪さんいらっしゃい。はじめに 

もうこのお二方を紹介するのも何度目なのか。なので、かなり気の抜けた紹介文です。

柳生宗矩
通称「又右衛門」。将軍家が困ったときに「またえもーん」と呼ばれて色々とアレやコレやと苦労する。
もともと社交的で人当たりが良い為、大名にも友人が居たり坊主と仲良しだったりと交友関係も広く、流行の踊りにハマるなどのミーハーな一面もある。自分が書いた本がアマゾンで発売中。
しかし、外面を取り繕っても、時折打算が見え隠れする発言や、大名を監視する「大目付」初代に就任したりしているため、周囲からは「腹黒だよね」と認識されている。とんでもない陰謀を企てていたとか噂され、それが一人歩きしているらしい。
本人はこの腹黒ということに対して「いたって真面目で潔白です」と懸命にアピールしている。大河ドラマもやったけどやっぱり黒いイメージは払拭されないままに現在に至る。
ちなみに、優先順位は「柳生一族と里をどんな手を使っても後世まで存続させる」ことが第一。

小野忠明
通称「次郎右衛門」。将軍家はこの人に困らされている。「もうやめて!じろうえもん!相手の生命力はゼロよ!」
もともと人見知りするタイプで、口下手だし社交性もないので、初見はとっつきにくい人物。おまけに友人とされるのは大久保彦左衛門なので、ますます近寄りがたい。
残っている逸話は、空気を読まなかったり、問答無用で相手を倒したり、柳生さんのお宅で大暴れしたりと過激なものが多い。あと柳生を意識しているが、相手にされていない。
実は幼少時はお寺で手習いを受けていたり、地元の神社に鳥居を奉納したりと信心深い一面もあるが、逸話が印象的で全く穏やかな様子がうかがえない。
創作での影もうすく、ドラマでは自分の役をオリキャラに奪われてしまって少し泣いた。
行動の優先順位は「一刀流を日本一の流派にすること」。剣術の流布としては、柳生に勝っている。


宗矩「はい、お疲れ様でした。」
忠明「おい、待て」
宗矩「また次回のこの時間をお待ちください」
忠明「まだ何も始まっていないだろう!!」
宗矩「だって、人が来ないし・・・(めんどうだし)、ちゃんと剣豪の方々に文を送ったんですか?」
忠明「目の前に来ているだろう」
宗矩「一刀斎先生を差し置いて先陣切っちゃったんですか?」
忠明「!!!」
宗矩(うわー、一瞬で固まった・・・)
忠明「そ、それはその・・・師匠は、師匠はお忙しいから、なかなか時間ができないのだ!後でちゃんとおいでになる!!」
宗矩「はぁ、じゃあそう言う事にしておきましょう(あんまり責めると泣くしなー)」
忠明「よ、よし、では聞きたいことがあれば聞け」
宗矩「なんでここに居るんですか」
忠明「・・・」
宗矩「・・・ど、どうしたんです」
忠明「やはり最初は将軍家の指南役である俺が押さえて置こうと思ったのだ・・・だが俺のせいで師匠が」
宗矩「すいませんまずいこと聞いて・・・お茶飲みます?」
忠明「いや、気にするな」
宗矩「では、気を取り直して、なぜ徳川に仕官しようと思ったのですか?」
忠明「知らない、師匠が行けと言った」
宗矩「えっ・・・と、では、実際に徳川に仕官してどう思っていますか?」
忠明「最初は人がいっぱい居てうっとうしかったが、色々なことが学べて楽しいな」
宗矩「えっ(意外)」
忠明「俺だって無駄に蟄居と閉門を喰らってないぞ」
宗矩「そうだったんですか・・・」
忠明「ちゃんと社会に溶け込めなければ、一刀流が世に広まるわけがないだろう」
宗矩「そういえばそうですね」
忠明「何しろ一刀流を背負う立場だ。不用意な行動は慎まねば」
宗矩「・・・謹んでアレ、ですか(挑んできた大名の家臣の両腕叩き折る・剣術道場全滅とか)」
忠明「慎んでいるからあの程度で済んでいる」
宗矩「忠明殿が家康様に拾われたのは、同時に治安維持にも役立っていたんですね」
忠明「俺が江戸に居れば、恐れをなして無法浪人も減るからな」
宗矩「まぁ・・・そんなようなことですねぇ」
忠明「政治家としてはお前に及ばぬが、剣術ではひけを取らぬぞ」
宗矩「二兎を追うものは一兎をも得ず、ですよね。お互い上手く住み分けたって一面もありますよ」
忠明「結果的にな」
宗矩「そうですね、結果的にはうまく行っていたのかもしれませんね、我々は」
忠明「だが、馴れ合わんぞ!」
宗矩「はいはい」

おわり

忠明「というわけで、同役として助手についてやるからありがたく思え」
宗矩「そんなオチだろうと・・・」

今年の柳生の里でのお祭りにも、小野派一刀流のみなさんが来るんだそうです。
400年くらい経ってから、仲良くなったんですかね。いいぞもっとや(ry
今回は行く時間が無いので、あとで東京の宗矩の墓所に頭を下げてこようと思っています。
剣豪さんいらっしゃい  /  tb: --  /  cm: --  /  △top