FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

行き当たりばったり 道中日記

  // 

信長の野望に登場する戦国武将・剣豪・その他徒然の、ゆるい風味の紹介動画を作成しています。

謹賀新年 

tukuttamono.jpg

あけましておめでとうございます。

旧年中は、地味でおかしな歴史動画にお越しいただき、あまつさえこんなあって無いようなブログにまで足を運んでいただきまして、ありがとうございました。

今年もぼちぼちがんばりますので、よろしくお願い致します。

今後の予定としては・・・

梟雄伝Rを提出したのでそのうち『その時歴戦が動いた』で公開されると思います。

爺軍団は次回は遂に阿蘇さんのトラウマ・島津からのお客様をお迎えします。

剣豪伝は多芸御所の国司をお迎え予定。実は剣豪はわりとまともな人が来ている気がします。爺がはっちゃけ過ぎなだけかもしれませんが。

アイマス架空戦記は近いうちに上げたいです。
史実の印象や、アイドルの印象を保ちつつ、ストーリーを組み上げていくってやっぱり大変ですね。

何気に4つも作っちゃってどうすんだろ、と思わないでもありません。
まぁ、好きで作ってしまったので、無理しない程度の頻度で更新できたらと思います。
スポンサーサイト



未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

爺戦記其の重参・歌について 

本編内で登場する和歌について、ちょっとだけ補足です。

自分も和歌の知識は小学生並みなのであんまり詳しいことは言えませんが。

まず、上村長種の怨霊が詠んだ句、それに対する返しの句。
これは「良い悪いスレまとめ」さんで語られていたもので、実際に下の句を返したのが誰かはわかりません。
うp主が勝手にそこに兄の頼興をあてたたけです・・・。

さて、歌は 

『時知らて 匂うや梅の 花盛』 『白玉や 根こめに植し 萩の露』

意味としては、上の句・・・発句で、「時期がわからないのですが、梅の花が香る盛りの時期でしょうか?」と聞くのに対し、返歌で「萩に露がつく時期ですよ(白玉が夏の季語)」と答えているのだそうです。

この歌で、怨霊は成仏したっぽいのですが・・・なんでだろう?と考えた時、上村長種が暗殺されたのが4月・・・春なんですよね。それで、殺された彼はそれに気付かずにさまよっていて、夏だと聞かされて色々と悟って空気呼んで成仏したんじゃないか?と考えたわけです。
殺された時期まで合わせると、何やら物悲しさを感じたもので。


さて、お次は、結構有名な水俣城での歌合戦。

新納忠元さんは、島津のオールマイティな歌名人。対するは、やっぱり歌が好きな相良家の家臣、犬童頼安さん。
どっちも最初は苗字が読めませんでした。にいろ、いんどう・・・この機会に覚えましょう。(笑)

まず、新納忠元が城方にこう送ります。

『秋風に みなまた落つる 木の葉かな』

「秋風にはらはらと落ちる木の葉のように、水俣城も落ちるでしょう」という意味です。「みなまた」に「水俣」をかけているわけですな。そしてさりげなく脅し入ってますね!

それに対してのお返し。犬童頼安さんから。

『寄せては沈む 月の浦波』

「月の浦に寄せては砕けて沈む波のように、寄せ手のあなた方こそ退くことになるでしょう」

という、小気味の良いお返しです。「寄せて」が「寄せ手」というわけです。こちらも負けていませんな。
こういうやりとりは大好きです。

相良家としては、この後も島津に押され、膝を屈することになってしまうのですが。
そして、不可侵を誓った甲斐爺と干戈を交える事に・・・。


そして、最後は万葉集から。
甲斐爺の「序」も、気持ち入りすぎて変なドラマになってましたが、ここでも何か気持ちが入って(?)「友情のいい歌ってないか、それを締めにする」とか思って調べたんですよ。

そうしたら、いい歌を見つけたわけです。

『吾が背子と 二人し居れば 山高み 里には月は 照らずともよし』

高丘河内(たかおかのこうち)という奈良時代の官吏をしていた人の歌です。
この歌は、歌会で友人に向けて詠んだものだと考えられているそうです。
「君と一緒なら、月の光が高い山に遮られる里だって問題ないね」といういい歌です。

そんな友情って、いいなぁ・・・と思わせてくれます。
和歌も風流で、いいものですね。もうちょっと基礎から学んだほうが良さそうです。

というわけで、お粗末な解説でした。
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

戦国両断!剣豪伝【巻の七】 



はい、剣豪伝七回目です。

コメントでもいくつか名前が上がっていた佐竹義重さんです。
お父さんと一緒に登場です。

・・・なんかもう普通に武将伝なんですがね。兵法習ってたってだけですがね。
いいんでしょうか、こんなアバウトな括りで。

あと、歴戦のイベント『その時歴戦が動いた』に提出したヘボ動画の晒される日が決まったようです。



他の動画の題材が個人的に興味深すぎて楽しみでなりません。
まぁ、自分のはここに上げているのと同じで緊張感が永遠のバカンスに出かけているのでカップ麺とか啜りながら見てみてください。

あ、あと卜伝のドラマが始まりましたね。
なかなか良い感じの出来栄えでした。あれを今の大河と放送枠交換すれば、BS入ってない人も見れるのに・・・
次回が楽しみです。予想外に左門がいいキャラしてた。大宮司ポジな気がする。がんばれ左門。
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

何ィ、五月だったのか!? 

いつの間にやら五月でしたか・・・

子供の日やらみどりの日やら色々とありましたが、

ハイラル王国の事ばっかり考えてましたよ。

じゃなくて、爺軍団の動画ネタでした。

本当の再現度から言えば、ちゃんとした動画ソフト使って黄金の三角形が画面端三方向から回転しつつ出現して来て中央でドッキングするべきだったんですが。いかんせん、動くほうは苦手なもので。

革新を改造できるお方が爺軍団を作って見せてくださったんですが、何ですかあの存在だけでいじめのような布陣。
いいから早雲は自重しろと言いたい所だけど、他の面子もアレだからもう終わってるぜ・・・

プレイ動画紙芝居付きなんてのも夢ですが、相当脚本に才能がないと話が面白くならなさそうですな・・・。
だって爺さん連中もれなくチートだから、きっと早い段階から革新プレイ動画後半の御約束、THE・消化試合だもの。
なんか縛りを色々入れないといけなさそうでめんどいなぁ。(この調子だから無理っぽい)

プレイ動画とか、そんなもん今抱えてる動画をちゃんとゴールまで走らせてから言えって、戦国爺さん達にどやされそうなので、また資料読みながらカオスかつ斜め上になる様なネタを探す旅に出ます。

って思ったら、剣豪の人たちに後ろからバッサリされそうなので、先になだめて来ます。
そんなわけで、次回は剣豪伝です。
そろそろ本格的に柳生宗矩さんが阿蘇さんと同じようなポジションに常時配備されます。頑張ってくださいとしか言えません。
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top